楽器買取情報

【和楽器を高く売るコツ】人気のメーカーやモデル、買取相場などを徹底解説!

和楽器の高価買取情報まとめ

「和楽器って買取に出せるのかな?」「高く売るコツってあるの?」

日本の伝統的な和楽器、もちろん楽器買取店で売ることができます。

人気のメーカーやモデルを押さえておけば、買取相場がわかるようになります。

それでは、和楽器を高く売るコツや人気メーカー・モデルを見ていきましょう。

 

 

和楽器の人気メーカー

和楽器の人気メーカー

日本の代表的な和楽器メーカー「日本和楽器製造株式会社」

日本和楽器製造株式会社は、日本の伝統となる和楽器を製造・販売しているメーカーです。

三味線や琴はもちろん、三線・二胡、太鼓など、数多くの和楽器を取り扱っています。

和楽器だけではなく、付属品も製造していることが特徴の一つとなります。

和楽器好きの人から、多くの人気を集めているトップクラスのメーカーとなります。

 

創業30年の伝統を持つ和楽器メーカー「明鏡楽器」

琴や篠笛、尺八や三味線を取り扱っている明鏡楽器。

日本和楽器製造株式会社と同じく、日本の和楽器を牽引するメーカーとなります。

心地よい音色を響かせてくれる明鏡楽器の和楽器は、和楽器好きから人気を集めています。

付属品も販売しており、和楽器メーカーの中でも、有名なメーカーと言えるでしょう。

 

本格的な津軽三味線「和楽器専門の森乃屋」

尺八、太鼓などを取り扱っている和楽器専門の森乃屋。

その中でも森乃屋の代表的な和楽器と言えば、三味線となります。

本格的な「津軽三味線」「長唄三味線」「民謡・小唄三味線」「地唄三味線」と数々の三味線を取り扱っています。

三味線のメーカーとしてはトップクラスで、三味線を愛する方から人気です。

 

京都の和楽器専門店「太鼓センター鬼っ鼓ショップ」

京都にある太鼓センター鬼っ鼓ショップは、太鼓を中心に多くの和楽器を取り扱っています。

その中でも、数多くの太鼓を販売しており、低価格で高品質で人気を集めています。

尺八の入門セットも販売しているため、和楽器初心者の方におすすめです。

和楽器に初挑戦するのなら、太鼓センター鬼っ鼓ショップを利用してみてはいかがでしょうか?

 

和楽器も取り扱う総合楽器メーカー「ヤマハミュージックジャパン」

ヤマハは世界的に有名な、日本の総合楽器メーカー。

さまざまな楽器を取り扱っていますが、和楽器も販売しており、非常に人気が高いです。

手頃な価格で尺八や琴を取り扱っており、幅広い人から人気のメーカーとなります。

 

和楽器の人気モデル

和楽器の人気モデル

津軽本格派花林三味線セット

和楽器専門の森乃屋で販売されている、津軽本格派花林三味線セット。

職人が厳選した皮のみを使用して、一本ずつ丁寧に張り上げている三味線となります。

皮張り・糸巻きは注文を受けてからしか行わず、十分に点検を行ってから販売しています。

高い技術力を使った製法で作られており、高品質な一本となっています。

三味線好きの方からも評価が高く、人気を集めているモデルとなります。

 

天然竹横笛・篠笛 煌月

新月乃笛の技術力を生かして、細部までこだわった煌月。

上質の国産女竹を使用して作られており、天然顔料・漆を使用して仕上げた一本です。

大きめの口穴が繊細なニュアンスでも表現してくれるので、音階・音色の変化を楽しめます。指穴も塞ぎやすくなっており、人気の高い横笛となります。

 

沖縄三線 琉球トライアル初心者応援セット

三線 ちゅら咲から販売されている沖縄三線の一つです。

高品質な木材を使用して、伝統技術を組み合わせて作られた三線となります。

初心者でも扱いやすいトライアルセットなので、初めて沖縄三線を利用する方におすすめです。

調弦チューナーや練習用シール、ソフトケースも入っているため、購入してすぐに使えるようになっています。

沖縄三線好きの方から人気が高く、おすすめの和楽器となります。

 

津軽三味線 完成品セット

日本和楽器製造株式会社が販売している、津軽三味線の完成セットです。

こだわりの天然木で作られた津軽三味線で、入門用のセットとなっています。演奏法入門書も入っているため、購入してすぐに練習がでいるようになっています。

低価格で本物の津軽三味線が利用できるので、三味線好きの方から人気を集めています。

三味線職人の方からも評価されており、非常におすすめできる三味線となります。

 

明鏡十七絃琴セット

明鏡楽器のオリジナル和楽器で、長さの違う十七絃の琴が2つ、十三弦の琴が2つ入ったセットとなります。

心地よく鳴り響いてくれる2種類の琴が、持ち運びしやすいソフトケースと一緒に購入できます。

十七絃・十三絃のどちらも、長さの違う琴が入っているため、4つの違いを楽しめるセットとなっています。専用のチューニングピンや琴柱、立奏台もセットになっていて人気のモデルとなっています。

 

和楽器の買取相場

和楽器の買取相場は、他の楽器と比べて非常に価格差が激しく難しいです。

よって、相場というのが決めづらいということが少なからずあります。

無名のメーカーであれば、数千円ほどしか値は付きませんが、伝統的なメーカーものなら30万円前後の金額となります。貴重な和楽器であれば、数百万円を超えることもあるでしょう。

そのため、一度専門的な知識を持った店舗に、買取を出してみるのが良いでしょう。

 

和楽器を高く売るコツ

Brighton Japan Festival Matsuri 祭

和楽器を高く売るのなら、汚れや傷はもちろん、それぞれの和楽器に合ったポイントを見る必要があります。

特に買取に出されることが多いのは、三味線・琴・尺八の3つです。

それでは、一つ一つ重視するポイントを見ていきましょう。

三味線

三味線を高く売るのなら、汚れ・傷を落とすだけではなく、撥皮の破れも気にしてください。まずはキレイな状態にすることを優先して、購入時の状態に戻していきましょう。

三味線は胴の内部に、ノコギリの刃のような形の「綾杉彫」がされていると、非常に高くなります。

伝統的な製法で作られており、この加工がないと査定額は下がってしまいます。

さらに、棹の継ぎ手部分も確認しておきましょう。

受け側に「金細」と呼ばれる枠がありますが、ここの素材によって金額が変わります。金か金以外の素材かによって金額は変動しますし、何もなければ値段が付かないこともあります。

 

琴の場合は、演奏用・入門用によって作りが違うため、見分けることが大切です。

琴の内部を確認して波のように細かい彫があれば、演奏用の琴ですので査定額が高くなります。直線になっているすだれ彫なら、練習用の琴になり、査定額はがくっと下がります。

琴は弦の数によっても金額が変わり、17弦であれば査定金額が高くなります。

しかし、13弦の場合、査定を断られることもあります。13弦の琴を持っているのなら、買取には期待できないでしょう。

 

尺八

尺八は製管師によって、買取相場が大きく変動します。

完成した尺八には焼印が押されているため、その焼印から製管師が誰なのかわかります。

伝統的な流派のトップ・人間国宝と言われる人が作っていれば、劇的に価値は高くなります。

また尺八は歌口や中継ぎの素材によって、買取金額が変わります。音色・状態を確認など多くのポイントがあるため、尺八に精通した店舗に見てもらった方が良いでしょう。

 

まとめ

和楽器を高く売りたいのなら、専門的な業者に見せるのが一番です。

和楽器は専門的な知識を持っていないと、人気のメーカー・モデルも見分けが付きません。

もちろん、買取金額が大きく異なりますので、簡単に相場を出すことも難しいです。

「どこに出せばいいのかわからない。。」ということであれば、ぜひこちらの高価買取店ランキングを参考にして、高価買取を目指してください。

 

【おすすめ!】和楽器の高価買取店はこちら

珍しい和楽器の買取もOKなお店「コメ兵」

買取方法宅配買取(宅配キット無料)
買取対象商品 楽器全般
査定費用査定料・配送料、全て無料

KOMEHYOは、創業70年の株式会社コメ兵(東証2部上場)が運営するブランドリユーストップシェアを誇る日本最大級のリユースデパートです。

名古屋に本店があるんですが、専門のプロの査定が査定を行ってくれるのでとても信用できます。

唯一ネックなのは「宅配買取しかない」ということですが、システム自体「査定結果をネットで確認、申し込みできる」という直接交渉が苦手な方には非常にオススメできるものですので、人によってはメリットにもなり得ると思います。

大手の信頼度、プロの査定、費用無料(査定料、配送料)、人と話さなくて良い、入金が早い、といった具合に間違いない業者さんです。

 

-楽器買取情報
-

Copyright© 楽器・オーディオ買取おすすめランキング , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.